<< FXシステムトレードが有効な訳 | main | FXシステムトレード 利益確定方法 >>

スポンサーサイト

  • 2006.11.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


FXシステムトレード 2日移動平均線法

FXシステムトレードの具体的なやり方です。
FXの為替相場では、値動きは一方向に連続して動くことは説明しました。
つまり、上昇相場になったときに購入すればいいわけです。

そこで、移動平均線を利用します。
Yahoo米ドル為替チャートです。
青い線が終値線、赤い線が2日移動平均線です。

2日移動平均線が上昇を始めたところで購入(ロング)すれば、高い確率でその後も上昇していることがわかります。
逆に、2日移動平均線が下降を始めたところで売り(ショート)すれば、その後も下落を続けています。

直近の数字で例を挙げてみると、10月25日に2日移動平均線は下降を始めています。
このとき、終値ベースでは1ドル118.97円です。
その後、11月1日には116.89円まで下落しています。

わずか1週間で約2円下落しています。
1万通貨ショートしていれば、2万円の利益です。
10万通貨だと、20万円ですね。

非常に単純なFXシステムトレード投資法ですが、有効です。
検証して試してみてくださいね。

スポンサーサイト

  • 2006.11.29 Wednesday
  • -
  • 22:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク